【初心者におすすめ】仲介サービスはこちら

ウェブサイト売却のメリットとデメリットとは?

悩む女性

サイト売却って手間や時間がかかりそうだけど、メリットはあるの?
デメリットも知っておきたい。

このような方に向けて、個人がウェブサイトを売却をする際のメリットとデメリットをご紹介します。

サイト売買(M&A)は急速に広まっていますが、よく分からない部分も多いですよね。

この記事を読むことで、事前にサイト売却のメリットとデメリットをそれぞれ理解し、サイト売却という方法が自分にとって合う・合わないかが分かります

この記事の内容

サイト売却のメリットとデメリット

サイト売却に興味がある方はぜひ参考にしてください。

目次

サイト売却のメリット

  • まとまった収入になる
  • 他の事業に専念できる

サイトを運営していると自分の力ではこれ以上収入をあげられないな…という壁にぶつかることがあります。

そうした時に、サイトを売却をすることでまとまった収入を得ることができます

相場は「月間売上×12ヶ月分~24ヶ月分」といわれていて、収益の数年分にあたる収入を得られるといったケースが多いです。

kana

売却の金額の相場はあくまで「相場」です。
私は月間売上の10年分で売却したサイトもありました。

サイトの売却金額はあくまでケースバイケースですが、こういったケースもあるんですよ。

びっくりする女性

じゅ、10年分ですか!
私も挑戦してみようかな…。

そして売却後は買主にサイト運営をバトンタッチし、自分は他の事業に専念することができるというメリットがあります。

kana

個人だと複数のサイトを管理するのは大変ですからね。
まとまった資金を得られるうえに、サイトの管理やメンテナンスから解放されるのは大きなメリットです。

サイト売却のデメリット

  • 売却までに時間がかかってしまうことがある
  • 希望金額で売れない可能性がある

サイトを売却した以上は「買主(買い手)」が見つからないと売却までの時間が思った以上にかかってしまうことがあります。

私が初めて売却したサイトは、サイト売買仲介サービスに登録してから約2年後に売却になりました。

売却中のサイトから広告収入などは発生していたので、売却までの期間は広告収入が得らたので私にはあまりデメリットになりませんでしたが、まとまった収入がすぐに欲しい、という場合には注意しましょう。

また、売却金額は買主との交渉になるので、当初希望していた金額で売れない可能性があります

下記の記事はなるべくサイトを高額で売却するために工夫した点をご紹介しています。

参考に読んでみてくださいね。

デメリットに関することとして、売却中にGoogleのアルゴリズムの影響を受けてしまい、サイトのPVが減ってしまうケースもあります。

私も経験したのですが、サイトのPVは売却金額に影響しやすいので、希望売却金額を下げなければ売れない…ということにもなりかねません。

kana

PVが大きく変わった場合はサイト売買仲介サービスに登録している情報もすみやかに修正しましょう。

このように、仲介サービスにサイトを登録~売買が完了するまでに、売却までの時間がどれくらいかかるか、売却の金額はいくらなのかという部分が不透明なことがデメリットになります。

逆に、「そんなに急いでないけど、いい買主さんがいたらサイトを売却しようかな」と気長に構えられる人にはさほどデメリットを感じることはないでしょう。

まとめ

サイトの売却のメリットデメリットをお伝えしました。

個人でサイト運営をしていると、仕事や日常生活が忙しくなってきたり、「そろそろ他の事業に集中したい…」と考える時ってありますよね。

そんな時にサイトを売却するとメンテナンス等から解放され、まとまった収入を得られるので、気持ちに余裕ができます

売却まで時間がかかってしまう可能性、希望金額で売れない可能性を考慮しつつも、サイト売却に挑戦するメリットは大きいので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる